• 敏感肌用化粧品は幅広い人が使える

    自分は肌がとてもデリケートで、何を使ってもいいわけではないという人もいますが、何を使っても肌荒れしないので自分の肌はとても丈夫だという人もいます。

    敏感肌のスキンケアの選び方に関する予備知識が満載です。

    このように、人それぞれ肌質は大きく違います。敏感肌用化粧品は、誰が使ってもあまり問題はありません。



    添加物を極力入れないようにしています。


    香料はもちろんですが、パラベンやアルコールなども入っていません。



    肌に負担がかかる成分を入れないことで、肌が荒れやすい敏感肌の人も安心して使えるようにしています。
    化粧品は直接肌に付けるものですから、肌に優しい成分で作ったほうが良いとメーカー側も思うようになりましたし、利用者側もそう思うようになっています。
    だから、必ずしも肌がデリケートとは言えないけれど、あまり肌に負担をかけたくないと思って、敏感肌用化粧品を使っている人も少なくありません。たっぷり使っても肌に負担がかかる成分がほとんど入っていないので肌荒れをほとんど気にしなくて済みます。
    すぐに使い切ってしまうわけではありませんので、保存性を上げるために多少は保存料を入れています。劣化してしまうと、かえって肌に悪い敏感肌用化粧品となってしまうので、仕方がありません。
    しかし、ごくわずかしか保存料も入れないようにしていますので、ほとんど肌には影響がないでしょう。

    だから、幅広い人が利用できるというわけです。
    化粧水や乳液だけではなく、オールインワンジェルも添加物をあまり入れないようにしているので、敏感肌でも使えるはずです。